鹿島でJ1優勝も経験した日本人FWが現役を引退 今季契約更新も体調による“ドクターストップ”

16年にはJ1を制した photo/Getty Images

赤崎が引退を発表

南葛SCは17日、赤崎秀平が現役を引退したことを発表した。鹿島アントラーズやベガルタ仙台でもプレイしたストライカーは、早くもスパイクを脱ぐ決断に至った。

佐賀東高校から筑波大学へ進学し、3年時には関東大学サッカーリーグで得点王を獲得。大学ナンバーワンFWとして2013年に鹿島アントラーズへの内定が決定し、同年にJ1デビューを飾る。

2014年に正式加入すると、初年度から15試合5ゴールと得点力を発揮し、翌年にはヤマザキナビスコカップでニューヒーロー賞を受賞するなど、キャリアハイとなる公式戦29試合9ゴールを記録した。リーグ戦は総合順位3位に終わったものの、チャンピオンシップを制してJ1優勝を経験。1年を通してリーグタイトル獲得に貢献している。
その後はガンバ大阪、川崎フロンターレ、名古屋グランパスを経て2020年に仙台へ移籍。クラブのJ2降格を経験した赤崎は昨季3月に退団しており、夏に南葛SCへ加入し、2023年の契約を更新していた。

31歳ながら早くも引退を決断した赤崎だが、理由は「ドクターストップ」だった。南葛SC公式にて「個人的な体調の問題により、これ以上アスリートとしての活動を続けること自体にドクターからストップがかかった」と理由を発表。赤崎自身も「様々な要因がありますが、サッカーに対して最後まで誠実でありたかった」とコメントしている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ