まだブライトンにはマックアリスターがいる プレミアかき回すダークホースの期待を担う男

W杯でも大活躍だったマックアリスターがまもなく帰ってくる photo/Getty Images

アーセナル戦もブライトンは危険なチームだった

プレミアリーグ第18節のアーセナル戦には2-4と打ち合いの末、敗れてしまったブライトン。首位チームのコンビネーションやプレイの質の高さに最終的に屈してはしまったが、終盤は三笘の幻のゴールなどもあってかなり追い詰めていた。今後もプレミアを引っ掻き回すダークホースとして存在感を発揮してくれるだろう。

面白い存在になっているブライトンだが、戻っていない主力がいる。W杯優勝メンバーのMFアレクシス・マックアリスターだ。

尽きぬスタミナと献身性、なおかつテクニックもあわせ持ち、W杯で一躍名を知られたマックアリスター。ロベルト・デ・ゼルビ監督は、マックアリスターのW杯での功績にチームが触発されることを望んでいると、英『Daily Mail』は伝えている。
そういったチームの士気の部分でもプラスになるだろうが、純粋に戦力としてマックアリスターは重要だ。アーセナル戦では開始早々にゲームが動き、反撃する側に立たされたことでボールを握る時間が長くなっていた。ブライトンには三笘薫やソリー・マーチなど縦への推進力で打開するタイプはいるが、遅攻の質や展開力という点ではどうしても見劣りする。アーセナル戦でも攻撃にひとひねり、プラスαが足りないと思わせる場面が少なくなく、マックアリスターがいればまた違った展開になっていたことも考えられる。

今季はユナイテッドやチェルシーを倒すなど、要注意チームとなっているブライトン。マックアリスターにはビッグクラブからの接触もあると噂になっているが、デ・ゼルビ監督としては是が非でも慰留し、躍進の原動力としたいところだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ