[W杯マッチ52]ムバッペの個人技がポーランドを打ち破る 貫禄の横綱相撲でフランス8強進出決定

フランスの2点目。角度はあまりなかったが、ムバッペは豪快にニアをぶち抜いてみせた photo/Getty Images

前半終了間際にフランスに大きな先制点

MATCH 52 決勝トーナメント1回戦 
2022年12月4日 18:00キックオフ(会場:アル・トゥママ・スタジアム)
フランス 3-1 ポーランド

FIFAワールドカップ、決勝トーナメントの3戦目は前回王者フランスと、C組を2位で勝ち上がったポーランドが顔を合わせた。ムバッペとレヴァンドフスキ、ワールドクラスのストライカー対決ということでも注目を集めた。

予想通り、主導権を握ったのはフランス。4分にはさっそくチャンスを作り、コーナーキックからヴァランがヘディングでゴールに迫る。しかしポーランドも、グループステージのように引いて守るのではなく、ときに積極的なプレスで高い位置からボールを奪いにかかった。
ムバッペ、デンベレでサイドを制圧してのクロスだけでなく、多彩な攻め手を見せるフランス。チュアメニやクンデのミドルシュートがポーランドゴールを強襲し、20分にはチュアメニのパスを起点にゴール前が混戦となった。ポーランドもPA内のレヴァンドフスキにボールが収まればチャンスになるのだが、それを跳ね返されるたびに前線のムバッペに素早くボールが送られ、フランスは一気に脅威を作り出した。

しかしポーランドもフランスにボールを持たれたままではない。38分、ベレシンスキの左サイドからのクロスに人数をかけて飛び込み、こぼれ球を拾っては連続シュートという好機に持ち込んだ。ロリスの好守で、フランスは難を逃れる。

フランスはややゴールが遠く、このままハーフタイムに入るかと思われたが、44分にゲームは動く。中央で抜け出してムバッペからのパスを受けたジルーがゴール右に巧みに蹴り込み、フランスに待望の先制点がもたらされた。

3点目はファーを狙いすましたコースへ。通算5得点のムバッペはこれで得点王争いトップに photo/Getty Images

ムバッペは今大会5得点目

後半もフランスが両ウイングのスピードを活かしてチャンスをうかがう。56分にはムバッペがカットインからシュート。ディフレクトしたボールはポーランドゴールをかすめるように右に転がっていき、ポーランドをヒヤリとさせた。

ミリクを投入し得点を狙いにいきたいポーランドは、右に左にレヴァンドフスキが流れながらリズムを作ろうとする。しかし74分、またしても試合を動かしたのはフランス。グリーズマンのクリアを拾ったジルーが右サイドに展開すると、受けて持ち上がったデンベレは左でフリーになっていたムバッペへパス。ムバッペはこれを狙いすましてゴールへ蹴り込み、スコアを2-0とする。

コマン、テュラムとアタッカーを入れ替えてゲームを締めにかかるフランス。ポーランドは反撃に出たいが、レヴァンドフスキに当てていく以外の攻め手が乏しく、なかなかギアが上がってこない。

急ぐ必要のなくなったフランスは落ち着いてボールを回しはじめ、このまま試合は終わるかと思われた。しかし、またもフランスがゲームを動かす。テュラムが左サイドでボールを受けると、クロスも突破も選択せず、ムバッペにボールを回す。なんでもないプレイだったが、ここで仕事をしてしまうのがムバッペという男。ファーサイドを狙いすまして射抜き、決定的な3点目がフランスにもたらされた。

前へ出るしかなくなり、人数をかけて攻め上がるポーランド。ATにはウパメカノがPA内でハンドをとられ、ポーランドにPKが与えられる。一度はレヴァンドフスキのキックをロリスが止めるが、ロリスが先に動いたとしてやり直しに。再度のキックはしっかり沈めたレヴァンドフスキだったが、反撃はそこまでだった。フランスは堅守誇るポーランドから結果的に3点を奪い、エースのムバッペも今大会5得点目を記録と絶好調。横綱相撲と言ってもいい盤石の戦いぶりで順当に8強へとコマを進めた。

レヴァンドフスキも最後にPKを沈めるが、ポーランドはここで敗退となった photo/Getty Images

[スコア]
フランス 3-1 ポーランド

[得点者]
フランス
44分 オリヴィエ・ジルー
74分 キリアン・ムバッペ
90+1分 キリアン・ムバッペ

ポーランド
90+9分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)


[ポゼッション]
フランス 47% ポーランド 41% 中立12%

[シュート数]
フランス 17 ポーランド 11

[枠内シュート
フランス 8 ポーランド 2

[イエローカード]
フランス 1枚
オーレリアン・チュアメニ

ポーランド 2枚
バルトシュ・ベレシンスキ
マティ・キャッシュ


[レッドカード]
なし


[ラインナップ]
フランス
フォーメーション:[4-5-1]

監督:ディディエ・デシャン

GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
 
DF
テオ・エルナンデス(ACミラン/イタリア)
ダヨ・ウパメカノ(バイエルン/ドイツ)
ラファエル・ヴァラン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ジュール・クンデ(バルセロナ/スペイン)

 
MF
オーレリアン・チュアメニ(レアル・マドリード/スペイン)
アドリアン・ラビオ(ユヴェントス/イタリア)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ウスマン・デンベレ(バルセロナ/スペイン)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)


FW
オリヴィエ・ジルー(ACミラン/イタリア)
 
交代出場
66分 オーレリアン・チュアメニ→ユスフ・フォファナ(モナコ)
76分 ウスマン・デンベレ→キングスレイ・コマン(バイエルン/ドイツ)
76分 オリヴィエ・ジルー→マルクス・テュラム(ボルシアMG/ドイツ)
90+2分 ジュール・クンデ→アクセル・ディザシ(モナコ)


ポーランド
フォーメーション:[4-5-1]
 
監督:チェスワフ・ミフニエビチ
 
GK
ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユヴェントス/イタリア)
 
DF
バルトシュ・ベレシンスキ(サンプドリア/イタリア)
ヤクブ・キビオル(スペツィア/イタリア)
カミル・グリク(ベネヴェント/イタリア)
マティ・キャッシュ(アストン・ヴィラ/イングランド)
 
MF
グジェゴシュ・クリホビアク(アルシャバブ/サウジアラビア)
セバスティアン・シマンスキ(AEKアテネ/ギリシャ)
ヤクブ・カミンスキ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
ブシェミスワフ・フランコフスキ(ランス/フランス)
ピエトル・ジエリンスキ(ナポリ/イタリア)

FW
ロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ/スペイン)

 
交代出場
64分 セバスティアン・シマンスキ→アルカディウシュ・ミリク(ユヴェントス/イタリア)
71分 グジェゴシュ・クリホビアク→クリスティアン・ビエリク(バーミンガム/イングランド)
71分 ヤクブ・カミンスキ→ニコラ・ザレフスキ(ローマ/イタリア)
86分 ヤクブ・キビオル→ヤン・ベドナレク(アストン・ヴィラ/イングランド)
87分 ブシェミスワフ・フランコフスキ→カミル・グロシツキ(ポゴニ・シュチェチン)

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ