日本撃破で見える“0-7から”の希望 果たしてコスタリカは強いのか「日本戦で見せたのが僕たちの姿」

キャンベルのキープ力には日本も手を焼いた photo/Getty Images

コスタリカVSドイツのゲームもなかなか読みづらい

初戦でスペインに0-7のスコアで粉砕されたコスタリカ代表に希望の光が見えてきた。残念ながら、その希望を与えてしまったのは日本代表だ。

FIFAワールドカップ・カタール大会グループEはコスタリカの逆襲で荒れ模様となっており、最終節の予想がかなり難しくなっている。首位のスペインが勝ち点4で首位、それを3ポイントで2位の日本代表、同じく3ポイントで3位のコスタリカ、1ポイントで4位のドイツが追いかける構図で、まだ全チームに決勝トーナメント進出の可能性が残っている。

コスタリカにとって初戦のスペイン戦を0-7の大差で落としたのはかなりのショックだったはずだが、続く日本戦でのコスタリカはチーム全員で粘り強く守ることが出来ていた。終盤にはケイセル・フレールが日本の一瞬の隙を突いてゴールを奪い、まさかの枠内シュート1本で日本を撃破。
これでコスタリカの勝ち点は3ポイントで日本と並ぶことになり、決勝トーナメント進出の可能性が出てきた。逆に日本はコスタリカを押し込みながら崩し切れず、何とも苦い敗戦だ。

最終節で日本がスペインを撃破すれば問題なく決勝トーナメントへ進めるが、何と言っても相手は強豪スペインだ。そう簡単に撃破できる相手ではない。

となれば、もう一方のコスタリカVSドイツの行方が気になってくる。コスタリカの立場で考えると、スペインが日本を倒す可能性の方が高いと考えるだろう。日本がスペインに敗れた場合、コスタリカはドイツと引き分ければ日本を上回って4ポイントで2位へ滑り込める。コスタリカにとってもドイツを撃破するのは難しいため、とにかく失点しないように守備を固めてくるのではないか。

日本の選手たちもコスタリカのブロックを崩すのに苦労していたが、ドイツも苦労するかもしれない。戦力差があるとはいえ、あれだけゴール前を固められると崩すのは難しい。

スペイン『as』によると、日本戦でも体を張ってボールを収めていたFWジョエル・キャンベルはドイツ戦でもクオリティを見せたいと意気込む。

「スペイン戦のようなこともサッカーでは起こり得る。もちろん望んでいないけどね。それでもまだ上を狙うチャンスがあり、ドイツに対して戦い続けるよ。日本戦で見せたのが僕たちの姿だ。僕たちにはクオリティがある。スペイン戦では見せられなかったが、ドイツに対してそれを見せようと考えている」

0-0の時間が続く展開こそコスタリカにとっては理想的だろう。ドイツ相手に必死の守備を見せてくるはずだが、90分間粘り切れるだろうか。コスタリカが2014年大会に続くミラクルを起こす可能性もゼロではない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ