W杯で“アジア最強DF”のフル稼働が見たい 負傷の連続が気になる冨安健洋の未来

ドイツ戦では後半から勝利に貢献した冨安 photo/Getty Images

まだドイツ戦の45分間しかピッチに立っていない

まだFIFAワールドカップ・カタール大会で日本代表は1度もクリーンシートを達成できていないが、現代表の強みは守備にある。

その理由の1つに冨安健洋の存在が挙げられる。セリエAのボローニャを経てイングランドの名門アーセナルでプレイする冨安はアジア歴代屈指のDFと言っても大袈裟ではないはずで、サイドバックとはいえプレミアリーグ首位を走るアーセナルで出番を得ているのは見事と言うしかない。

ドイツのボルシアMGで活躍する板倉滉もそうだが、10年前は想像もできなかった5大リーグで活躍する日本人センターバックが増えてきた。守備的MFの遠藤航もブンデスリーガで高い評価を得ており、守備の安定感は歴代代表の中でもトップレベルと言っていい。
ただ、その中でも1番の注目選手と言っていい冨安がまだ45分間しかワールドカップを経験できていない。冨安を苦しめ続けているのは、筋肉系の故障だ。

アーセナルでも怪我のトラブルが続いており、故障と復帰を繰り返すケースが目につく。今大会では初戦のドイツ戦に後半開始より出場したものの、第2戦のコスタリカ戦は怪我で回避した。冨安の場合はビルドアップでもチームに貢献できるため、現日本代表でも最高のDFと言える冨安が怪我を抱えてのプレイとなっているのは何とも寂しいものがある。

冨安の負傷歴にはスペイン『Tribuna』も注目しており、ボローニャ時代は通算して137日間怪我で離脱していたと紹介。それは今も続いており、筋肉系の故障は癖になると怖い。

最終節のスペイン戦へ向けて冨安は全体練習に合流しているが、冨安がいるといないでは最終ラインのクオリティが大きく変わってくる。アジア最強DFとしてスペインの攻撃を抑え込んでほしいところだが、カタールの地でフル稼働できるのか。世界の強豪相手に戦う冨安の姿を楽しみにしていたサポーターも多いはずで、それこそ4年前のベスト16・ベルギー戦のようなゲームでこそ冨安が欲しい。

史上初のベスト8入りを果たすには冨安の力が不可欠で、目指すはスペイン相手のクリーンシートだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ