ドイツ戦で守田を起用できない可能性 遠藤航の相方は田中or柴崎or鎌田。誰がベスト?

ドイツ戦では田中碧の起用が予想される photo/Getty images

慎重な人選が必要となる

ワールドカップ・カタール大会ではグループステージ突破を目指す日本代表だが、初戦のドイツ戦は万全の状態で臨むことができないかもしれない。

日本代表の主力として考えられている守田英正は先日のカナダ戦を左ふくらはぎに違和感があるとして欠場している。軽い症状だと思われていたが、状態は思わしくないようで、ドイツ戦の出場は難しいといった意見も聞こえてくる。

ボランチは日本代表の心臓部であり、1番手は間違いなく遠藤航と守田のコンビとなる。ビルドアップでの貢献度、守備強度、攻撃参加とどれをとってもハイレベルであり、日本が世界に誇れるポジションだ。そんなボランチの一角を失うとなれば戦力ダウンは否めない。
代役候補は何人かいて、田中碧と柴崎岳の名前が挙がる。遠藤、守田が欠場したカナダ戦ではこの2人が先発であり、後半からは鎌田大地がボランチとして起用されている。この3人の中から遠藤の相方を選ぶとすれば田中となるだろう。

川崎フロンターレ出身のMFで、アジア最終予選では遠藤、守田と共に中盤3枚でトリオを組んだ。

しかしシステムが変わり中盤が2枚になると序列が下がり、現状では2番手だ。先日のカナダ戦、9月のエクアドル戦で起用されてはいるが、アジア最終予選ほどのインパクトは残せていない。

田中を先発と予想する理由はいくつかあるが、消去法で田中になっている部分もある。ボランチとしての鎌田も素晴らしいが、得点力のある選手だけに低い位置ではなく前線で使いたい。トップ下が定位置であり、できる限り動かしたくない。

カナダ戦でのパフォーマンスでいえば田中よりも柴崎だったが、柴崎は攻撃に特化している分、リスク管理が大変だ。物足りない守備強度、ボールロストの多さと気になる部分は多く、ドイツ戦で起用するならトップ下、もしくは終盤でのボランチ起用となる。

いきなり大一番から始まる日本代表のW杯。すでにアクシデントが起こっており、万全の状態で試合に臨むことは難しそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ