今年のW杯は“メッシの大会”になる? 得点王候補No.1に選ばれる圧倒的評価

アルゼンチン代表を引っ張るメッシ photo/Getty Images

アルゼンチンは優勝候補の一角だ

ワールドカップ・カタール大会の開幕が近づいてきたが、現時点で最も得点王に近い選手は誰だろうか。

開幕まで約1カ月の段階で英『90min』が得点王候補No.1と名指ししたのは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。

同メディアは『得点王候補TOP10』なるランキングを作成しており、その1位にメッシを選んでいる。やはりアルゼンチン代表が昨夏のコパ・アメリカを制するなど好調を維持していること、そしてメッシが所属するパリ・サンジェルマンで充実した時間を過ごしているのが大きい。今のメッシはチャンスメイカーの色も強めているが、自分でもゴールを狙える選手だ。最後のワールドカップとなる可能性が高いカタール大会で大爆発するかもしれない。
10位:ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)

9位:サディオ・マネ(セネガル代表)

8位:ロメル・ルカク(ベルギー代表)

7位:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)

6位:ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン代表)

ムバッペも候補者だが…… photo/Getty Images

5位:カリム・ベンゼマ(フランス代表)

4位:ネイマール(ブラジル代表)

3位:ハリー・ケイン(イングランド代表)

2位:キリアン・ムバッペ(フランス代表)

1位:リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)


同メディアのランキングはこうなっているが、注目したいのはアルゼンチンとフランスから2人ずつ得点王候補が選出されている点だ。アルゼンチンはメッシとラウタロの相性も良く、これもメッシが代表で輝けている理由だ。

フランスのベンゼマ&ムバッペも驚異のコンビだが、最近のフランスは怪我人の問題などネガティブな話題も目につく。ムバッペの周囲も何やら騒がしく、盤石な体制とまでは言えないか。

アルゼンチンも怪我で離脱したアンヘル・ディ・マリアのコンディションなど気になる部分はあるが、ここまでは大きなトラブルも見当たらない。メッシの得点王&優勝のシナリオもあり得るだろう。

TOP5にパリ・サンジェルマンから3人も入っているのが特長的だが、パリのMNMはワールドカップで主役となるのか。夢の祭典開幕が刻一刻と迫っている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ