攻撃でも守備でも輝き増す浦和の明本考浩 家長封じで左サイドに蓋をする

攻守に存在感見せる明本 photo/Getty Images

左サイドバックで起用された

浦和レッズはJ1第23節で川崎フロンターレと対戦。3得点を決めて川崎に3-1と勝利した。この試合で守備で存在感を発揮した男が明本考浩である。

前半17分で2点のリードを奪った浦和だったが、その後は川崎にボールをもたれる時間が続いた。そんな中でも右ウイングの家長昭博を自由にさせず、最後まで簡単にはシュートを打たせなかった左サイドバックの明本は陰の功労者といえるだろう。

家長のドリブルやパスを明本が封じることで持ち前のパスワークを出させなかった。PKで1失点は許したものの、最後まで浦和の左サイドに蓋をし続けた明本は今節は守備で存在感を発揮した。

今季序盤戦は前線やサイドハーフでもチームに貢献した明本だが、ここぞという場面では守備でもチームの力になれる。彼のユーティリティ性は他の選手にはない大きな武器なのだ。今後も攻撃でも守備でも主役になれる明本が左サイドを制圧していく。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ