“3563日ぶりの代表復帰”も束の間…… 横浜F・マリノスにとって大打撃となる宮市亮の離脱

宮市亮の負傷が発表された photo/Getty images

再び宮市の快足をピッチで見たい

29日、横浜F・マリノスから宮市亮の負傷が発表された。27日に行われたE-1選手権韓国戦での怪我であり、右膝前十字靱帯断裂と診断されたようだ。近日中に手術が予定されており、復帰時期は明記されていない。

横浜F・マリノスで初のJリーグ挑戦となり、2022年シーズンは勢いに乗っていた宮市だが、再び怪我が彼の前に立ちはだかることになった。宮市のここまでのキャリアは常に怪我と向き合う日々であり、2017年にも一度右膝前十字靱帯断裂の大怪我を負っている。

絶好調の宮市だっただけにここでの離脱は非常に残念だ。爆発的な快足の持ち主であり、今季のJリーグではフィニッシュの精度が向上。リーグ戦では先発、ジョーカーと2つの役割をケヴィン・マスカット監督から与えられており、今季は624分で3ゴール3アシストと計6ゴールに関与している。

その活躍もあって国内組限定ではあるが、E-1選手権を戦う日本代表に招集された。出場した香港戦では3563日ぶりに代表戦のピッチに返り咲くことになり、SNSでも大きな注目を集めていた。ゴールとはならなかったが、素晴らしいチャンスを作っており、さらに評価を高めた。

シーズン後半戦を戦うF・マリノスにしても宮市の離脱は大打撃だ。前述したように短い出場時間で結果を残せる選手であり、出場した直近5試合では2ゴールを記録している。仲川輝人やエウベル、水沼宏太と幸いF・マリノスのサイドは選手層が厚いが、攻撃力がダウンするのは間違いない。

再び治療期間に入る宮市。今季の活躍は日本サッカー界での注目度が非常に大きく、完治し再びピッチで宮市の快足が見られることを期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ