ベルギー代表通算《45戦25ゴール》の不思議な魅力 まだチェルシーと契約中のFWの未来は

ベルギー代表でも活躍してきたバチュアイ photo/Getty Images

昨季はレンタル先で14ゴールの活躍

その実力をどう評価すべきだろうか。2016年にチェルシーへ加わってから6年、どこか評価が難しいストライカーがミッチー・バチュアイだ。

バチュアイはフランスのマルセイユで結果を残し、2016年にチェルシーへ加入。しかし主力になりきれず、これまでドルトムント、バレンシア、クリスタル・パレス、そして昨季はトルコのベシクタシュとレンタル移籍を続けてきた。

昨季トルコ国内リーグでは14ゴールを挙げる活躍を披露しており、その実力は確かだ。ベルギー代表にも継続的に招集されており、6月のネーションズリーグでは4試合で2ゴール2アシストと躍動。あくまで最前線のエースはロメル・ルカクとなるだろうが、この活躍ぶりなら今年のワールドカップメンバーにも入ってくるだろう。何より通算45試合で25ゴールと成績は抜群だ。

問題はチェルシーでの評価だ。バチュアイはレンタル期間を終え、現在チェルシーのプレシーズンツアーに帯同している。英『GIVE ME SPORT』は『プレミアリーグでプレイしていることが忘れられている選手』と題した特集にバチュアイの名前を含めており、チェルシーサポーターの中にもバチュアイとの契約が続いていることに驚いた人もいたかもしれない。

2017-18シーズンには冬にレンタルで加わったドルトムントで10戦7ゴールと爆発するなど、どこかビックリ箱のようなストライカーではある。昨季もベシクタシュで二桁ゴールと暴れたが、チェルシーに居場所はあるのか。ベルギー代表での実績を考えても優秀なストライカーなのは確かだが、どこか評価の難しい選手となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ