「デ・ヨングより適したMFは50人いる」とユナイテッド移籍を歓迎しない英紙 進展のないオランダ代表MFの去就はどうなるのか

交渉が進展しないフレンキー・デ・ヨング photo/Getty images

プレミアの開幕は残り1カ月ほどと時間がない

復権に向けてタイレル・マラシアを補強第1号として獲得したマンチェスター・ユナイテッド。オランダを代表する左サイドバックであり、来季はルーク・ショーとポジションを争うことになる。

次に獲得が予想されているのがバルセロナのフレンキー・デ・ヨングだが、未だに進展がない。西『MUNDO DEPORTIVO』によるとバルセロナのジョアン・ラポルタ会長は「彼はバルセロナの選手であり、我々は売りたくない」とコメントを残している。ただ残留した場合は大幅な減俸を受け入れる必要があり、デ・ヨングはどのような選択を取るのか。

そこで移籍したとしてもユナイテッドで活躍できるのだろうか。英『Football 365』は「フレンキー・デ・ヨングよりもユナイテッドに適したMFは少なくとも50人はいる」とデ・ヨングのユナイテッド行きを歓迎してしない。

それは任されると予想されるポジションとオランダ代表MFのスタイルの違いだろう。デ・ヨングは中盤の前のポジションで生きる選手だが、おそらくユナイテッドではダブルボランチの一角として起用される。そこでは守備的なタスクを背負うことになり、現状ユナイテッドの中盤で発生している問題が解決しない可能性がある。英紙はそこを懸念しているのだろう。

以前からデ・ヨングの交渉が進まないバルセロナとユナイテッド。中盤の補強が必須なユナイテッドとすればターゲットを変えるのも一つの手だが、いつこの話題は進展するのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ