守田不在も原口、鎌田、久保らが躍動 日本代表中盤テストの合格者は誰になる?

パラグアイ戦でインサイドハーフに入った鎌田(左)と原口 photo/Getty Images

チュニジア戦の組み合わせにも注目

日本代表は14日、6月の4試合目となるキリンカップ2022決勝・チュニジア戦を戦う。今シリーズラストとなる代表戦では、どのような戦い方を見せてくれるだろうか。

今回の代表戦では、中盤の組み合わせが1つのテーマとなった。FIFAワールドカップのアジア最終予選で盤石な3センターを形成した森保ジャパンだが、今シリーズでは守田英正がケガのため、チームを早々に離脱。彼の穴を埋める選手起用が成されたが、それはかえって複数選手がアピールするいい機会にもなった。

ファーストチョイスとして選出された原口元気は、献身的な攻守の動き出しや強度の高いプレイを披露し、戦力として十分な活躍を見せた。ブンデスリーガで見せている高パフォーマンスを日本代表にも還元。原口だけでなくUEFAヨーロッパリーグ王者のフランクフルトで主力となる鎌田大地も中盤で先発起用されると、パラグアイ戦では1ゴールと結果を残す。

また4-1と勝利したガーナ戦では久保建英がインサイドハーフで先発。先制点の起点となるだけでなく、代表初ゴールを決めてチームに貢献する。柴崎岳もインサイドハーフで司令塔として存在感を見せるなど、守田不在のなかでここまでは有意義な3試合を見せている。

そして6月最終戦となるチュニジア戦では、どんなメンバーを組んでくるのだろうか。パラグアイ戦ではアンカーに板倉滉を起用するなど、インサイドハーフだけでなく遠藤航が絶対的な存在となっているアンカーにもテストを行った。本番の11月まで時間は短いが、中盤の選手たちが森保一監督にどのようなアピールができるか注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ