U-21のカテゴリーでは制御不能 17歳で《4戦6ゴール》と大暴れのムココはスターになるのか

U-21のカテゴリーでゴールを量産するムココ photo/Getty Images

新シーズンの活躍が楽しみだ

アーリング・ハーランドやキリアン・ムバッペのように世界を騒がせるのも時間の問題なのだろうか。どうしても期待したくなるのが、ドルトムントが抱える17歳のFWユスファ・ムココだ。

かなり早い段階から注目されていたムココは今季もドルトムントのトップチームに帯同していたが、さすがに定位置までは確保できなかった。ハーランドがいたことも大きく、ムココにも何度か怪我があった。本人としては納得いかないシーズンだっただろう。

しかし、そのポテンシャルはやはり特別だ。ムココは現在U-21ドイツ代表に招集されており、チームはU-21欧州選手権予選の真っ最中。ムココはまだ17歳だが、すでにこの年代では主力なのだ。

今月3日に行われたU-21ハンガリー戦では1ゴール、続く7日のU-21ポーランド戦では2ゴールを記録しており、このU-21欧州選手権予選では4試合に出場して6ゴールと手がつけられない。これで17歳というのだから驚きだ。

今夏にはドルトムントを離れる案も浮上しているが、チームはハーランドをマンチェスター・シティへ売却している。代わりにザルツブルクからカリム・アデイェミを迎えているものの、今季に比べればムココにもチャンスがあるはず。ドルトムントは慎重に動くべきだろう。

ドイツサッカー界にとっても特別な選手で、4年後のワールドカップを迎える頃にはとんでもないストライカーに育っている可能性が高い。17歳でU-21のカテゴリーを荒らすムココは世界的ビッグプレイヤーになるのか。新シーズンへ期待は膨らむばかりだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ