ブラジル戦はGKの人選がカギ “韓国代表も苦戦した”ハイプレスをどうかわす?

パラグアイ戦では高精度のパスを披露したシュミット・ダニエル photo/Getty images

パラグアイ戦ではシュミットが先発だった

6日に日本代表が対戦するブラジル代表。FIFAランキング1位の強豪であり、ワールドカップ・カタール大会では優勝候補の一角と称されている。日本がカタールで戦うスペイン代表やドイツ代表と同じレベルのチームであり、日本としては世界との距離を確かめる大きなチャンスだ。

ブラジル戦ではどこまで日本の攻撃、守備が通用するのか注目されるが、相手のハイプレスに対してどういった回答を持っているのかは気になるポイントの一つだ。

ブラジル代表は2日に韓国代表と対戦しており、5-1と圧勝している。ブラジルの攻撃力の高さが存分に発揮されるゲームとなったが、韓国側としてはブラジルの激しいプレッシングに遭い思うように攻撃を組み立てられないシーンが目立った。ボールをつないで前進するのが難しく、ロングボールを前線に供給するもセカンドボールを回収されてしまい、1ゴールを奪うのが精一杯だった。

日本に対しても同様の守備戦術で試合に臨んでくると予想できる。後方からつないで相手のプレスを無効化するのであればシュミット・ダニエルの先発を期待したい。ベルギーのシント・トロイデンでプレイするGKで4-1と快勝したパラグアイ戦では守護神を任されている。ショートパス、ミドルパスが正確で、パラグアイのプレッシングをパス一つでかわすシーンも見られており、彼が中心となって後方から攻撃を組み立てることになる。

ブラジル撃破のポイントになるのは中盤で先発が予想されるフレッジの裏のスペースだ。ブラジルはプレスをかける際に多くの選手を前線に集中させる。それはボランチのフレッジが相手GKのところまでポジションを上げるほどであり、圧力は強い。だが、そのフレッジをかわすことに成功すればある程度のスペースが生まれ、一気に日本が敵陣に侵入することができる。それは鎌田大地らの仕事であり、そこからスピードを生かしたカウンターを繰り出すことができればチャンスはある。

ここからの日本の課題となりそうなハイプレスへの対応。アジア最終予選では体験することのなかったことだが、ブラジルのプレッシングをいなすことはできるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ