1ゴール1アシストで今季は終わるのか セビージャでも輝けなかったマルシャルの未来

セビージャにレンタル移籍しているマルシャル photo/Getty Images

セビージャでのスタートは順調だったが……

移籍早々の2月に行われたエルチェ戦でアシストを記録し、続くヨーロッパリーグのディナモ・ザグレブ戦では得点を奪うなど、マンチェスター・ユナイテッドからセビージャにレンタル移籍したFWアントニー・マルシャルの立ち上がりは順調そのものだった。マルシャルを活かせなかったマンUに責任があるのではないかなんて見方も出たほどだ。

しかし、セビージャの地でマルシャル・ブームはすぐに終わってしまった。結局ゴールはこの1点だけで、リーガ・エスパニョーラでは9試合に出場して0得点だ。マンUで出番を確保出来ていなかったマルシャルとしてはセビージャで実力をアピールしたいところだったが、この成績ではマンUとセビージャのどちらも納得させられないだろう。

マンUでも今季はエヴァートン戦で挙げた1ゴールのみとなっているため、このままシーズンが終わればマルシャルは2ゴール1アシストと寂しい成績で今季を終えることになる。

英『The Sun』はセビージャ側にマルシャルを買い取る考えはないと伝えており、マンUの指揮官に就任するエリック・テン・ハーグの采配次第で未来が決まることになりそうだ。指揮官が代わることで状況が劇的に変化するケースもあるが、テン・ハーグがマルシャルを好むかは分からない。

今年はW杯イヤーであり、マルシャルにもフランス代表入りの野心があるはず。まだメンバーに入れないと決まったわけではないが、現状では厳しい。今夏の行き先選択を含め、26歳と中堅世代に入っているマルシャルにとって来季はキャリアを左右する真の勝負となりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ