サカのプレイぶりは天才ウィルシャー以来? アーセナルOBが語る若きエースへの期待

サカはすっかりアーセナルの主力に定着した photo/Getty Images

怪我が少ない点も魅力の選手だ

ニューカッスル・ユナイテッドに敗れ、4位の座をトッテナムに譲ってしまったアーセナル。トップ4フィニッシュを逃せば来季のチャンピオンズリーグ出場を逃すことになり、選手の流出は避けられない。特にイングランド代表の20歳ブカヨ・サカには多くの関心が集まるだろう。

今季のサカはリーグ戦37試合に出場し、11ゴール6アシストを記録。出場数とゴール数はともにアーセナルトップの成績。今やアーセナルのエースと言っても過言ではない選手だ。

長年アーセナルのディフェンスラインを支え続けたOBバカリ・サニャ氏は、英『The Mirror』にて、サカの印象をある選手の姿と重ねて話している。

サニャ氏は「アーセナルの歴史の中で最高の選手の一人になれると思う」とサカのことを高く評価。また、怖がることなく自信に満ちたプレイをする彼の様子について、「そんなプレイを最後に見たのはジャック・ウィルシャー以来だ」とも話している。

ジャック・ウィルシャーと言えば、アーセナルのアカデミーが生んだ最高傑作の一人で、10代の頃からトップチームで頭角を現した選手だ。残念ながら負傷に悩まされることが多く、期待通りの活躍を見せることはできなかったが、万全の状態であれば中盤で大きな違いを生み出していた。

サカもウィルシャーと同様にアーセナルのアカデミー出身の選手だ。サニャ氏の言うように、このままアーセナルで活躍を続けていけば、ティエリ・アンリやデニス・ベルカンプといった選手たちのように、クラブの象徴となることも夢ではない。

サカを流出させないためにも、まずはトップ4フィニッシュを最後まで諦めないことが大事だ。幼い頃からアーセナル一筋のサカがそう簡単に出ていくとは考えにくいが、何が起こるかはわからない。流出の可能性をできる限り下げておくに越したことはないだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ