トッテナムがプレミア唯一の“無敗記録”も コンテ・スパーズは来季に向けて強度高める

ソンがリヴァプール戦の先制点を挙げる photo/Getty Images

リヴァプールには2分けで終了した今季

トッテナムとリヴァプールがプレミアリーグ第36節で対戦し、1-1のドローで決着した。今季トッテナムは、プレミアリーグ優勝を争う2チームから一度も負けることなくシーズンを終えることとなる。

トッテナムは56分に左のライアン・セセニョンの折り返しをフリーで合わせたソン・フンミンがゴールネットを揺らして先制点を挙げる。リーグ優勝へ負けられないリヴァプールもルイス・ディアスが意地のシュートを放って同点とする。その後は両者得点なく勝ち点1を分け合う結果となる。

トッテナムはリヴァプールに前半戦でも2-2のドローで終わっており2分けで終えている。また首位のマンチェスター・シティには2勝しているため、上位2クラブに2勝2分と負けなし。リヴァプールとシティの残りの対戦相手はすべて前半戦に勝利しているクラブのため、今季のプレミアで唯一のトップ2相手に無敗のクラブとなった。

途中で監督を変えるシーズンとなたトッテナムだが、アントニオ・コンテ監督の下で強度高く粘り強いチームを作っている。シティの1勝は前監督でのものだが、残りの3試合は相手よりも球際で負けない守備を見せて僅差でのゲームを演じてきた。さすが昨季のセリエA優勝監督といったところだ。

トップ2にこれだけ戦えることを証明した今季から来季はさらに成績を上げられるか。ハリー・ケインの復調やソン・フンミンの調子が維持できれば、上位に絡むこともできるはずだ。今季の残り試合は来季への希望を抱かせるシーズンにしたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ