ガラスの天才レフティー躍動中 デンマークで“10番”背負うウィルシャーの活躍ご存知か

30歳にしてデンマークへ向かったウィルシャー photo/Getty Images

オーフスの主力としてプレイ

望んでいた通りのキャリアではなかったかもしれない。しかし、世界のサッカーファンは天才レフティーが再び10番を背負ってプレイしている姿だけで満足していることだろう。

今年の2月に契約を結んだデンマーク1部のオーフスGFにて出場を続けているのは、アーセナルで活躍したMFジャック・ウィルシャーだ。

デンマークの1部リーグは12チームで構成されており、コペンハーゲンやミッティランといったクラブが有名だ。ウィルシャーが契約したオーフスは今季のレギュラーシーズンを8位で終えた中堅クラブではあるものの、そこでウィルシャーは継続的に出場できている。

現在オーフスはレギュラーシーズンの下位6チームで争う降格プレイオフに臨んでおり、それも合わせると今季のウィルシャーはオーフスで526分間のプレイタイムを得ている。

中でも降格プレイオフはスケジュールも過密だが、ウィルシャーはここまで5試合中4試合に先発している。得点やアシストはないが、10番を任されたウィルシャーはチームの主力だ。

まだ30歳と若い方だが、ウィルシャーは若い頃より何度も怪我に悩まされてきた。選手生命さえ危ういと思われる怪我の連続ではあったが、特別な才能の持ち主であることに疑いはない。5大リーグではなくとも、ウィルシャーが元気な姿を見せてくれていることを世界のサッカーファンが喜んでいるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ