サラー封じならリュディガーに任せろ プレミア最強FWに最後まで仕事をさせなかった守備の要

サラーと何度も対戦したリュディガー photo/Getty Images

サラーは枠内シュートを打てず

チェルシーはカラバオカップ決勝でリヴァプールと対戦して、0-0からPK戦の末に敗れた。プレミアリーグで得点ランキングトップを走るモハメド・サラーは、今試合では決定的な場面に絡むことはできなかった。その要因としてアントニオ・リュディガーの存在が大きい。

今季3度目の対戦となったチェルシーとリヴァプール。2戦とも勝敗付かず引き分けているが、どちらもサラーが得点を決めている。リヴァプールはエースの得点がチーム勝利の鍵となっていたのだ。

そんなサラーを最後まで封じ続けたのがリュディガーだった。3バックの右に入り、サラーと対峙したリュディガーは、サラーに匹敵するスピードと彼を上回るパワーを誇っており、プレミア最強ストライカーをもっとも得意としている。

リヴァプールは昨季のチェルシーとの対戦でもサラーがリュディガーに完封されたことで、敗れていた。最後はPK戦での決着となった今試合だが、リュディガーがエースに仕事をさせなかったことがここまでの接戦につながっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ