イングランド代表が待っていたワールドクラスGK アーセナル守護神はW杯で1番手となるか

アーセナルで評価を伸ばすラムズデール photo/Getty Images

アーセナルで見せるパフォーマンスには説得力がある

近年のイングランドサッカー界からはハイレベルな若手が続々と出てきているが、ついにGKにもワールドクラス候補と呼べる者が出てきた。

現在ワトフォードでプレイするGKベン・フォスターが称賛するのは、アーセナル所属の23歳GKアーロン・ラムズデールである。

ラムズデールは今季よりアーセナルでプレイするチームの新守護神であり、昨年11月にはイングランド代表デビューも果たした。2018年のワールドカップ・ロシア大会ではエヴァートンGKジョーダン・ピックフォードがゴールを守っていたが、今年のカタール大会ではラムズデールが守護神になる可能性も十分考えられる。

現在のプレミアリーグではリヴァプールのアリソン・ベッカー、マンチェスター・シティのエデルソン・モラレスらが一流のGKと評価されているが、フォスターはラムズデールも彼らに近いレベルの現代的GKだと評価する。

「彼は自分がワールドクラスであることを示しているよ。彼にはすべての要素が備わっていて、セーブもできれば後方から繋ぐこともできる。それを毎週やっているんだ。彼のミスを目にすることは滅多にない。彼は常に同じリズムでプレイしていて、リーダーでもある」(『90min』より)。

アーセナルにとってラムズデールの補強は大当たりで、イングランド代表にとっても同選手の成長は大きい。上手くいけば今後10年近く代表のゴールを守れるはずで、イングランドが長年欲してきたワールドクラスGKの誕生が近づいている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ