エリア外からの《総シュート625本》 トルコでも打ちまくるバロテッリはイタリア代表に必要か

確かにバロテッリは強烈なキック持っているが…… photo/Getty Images

モンテッラはエリア外からのシュートを強みの1つと称えるが……

ワールドカップ・カタール大会出場へ運命のプレイオフに臨むイタリア代表では、センターフォワードの人選に注目が集まっている。

その候補者の1人になるかは分からないが、代表監督ロベルト・マンチーニは1月におこなったトレーニングキャンプにFWマリオ・バロテッリも召集していた。

現在トルコのアダナ・デミルスポルでリーグ戦8得点と結果を出しているバロテッリだが、マンチーニは同選手をプレイオフへ呼ぶのだろうか。トルコでの成績はまずまずだが、劇薬なのは間違いない。

伊『Milannews24』などによると、現在アダナ・デミルスポルを指揮するヴィンチェンツォ・モンテッラはバロテッリの強みの1つにミドルシュートを挙げる。

「残り数か月で進歩できるかは彼次第だが、代表の他のストライカーたちと違ってマリオは30メートルの距離からでもシュートを打てるからね」

問題はこのシュートだ。今季のバロテッリはトルコ国内リーグで最多となる72本のシュートを放っており、そのうち半分以上の37本がペナルティエリア外からとなっている。

この超積極的な姿勢はストライカーらしいもので、バロテッリはこれまでのキャリアで合計625本もエリア外からシュートを打っている。これはエリア内から打った本数より多い(493本)。

しかし、精度はそこまで高いとは言えない。今季もエリア外から37本打っているが、ネットを揺らしたのは2本だけだ。チームにとってプラスになっているかは微妙なところだろう。

他にもフランスのニースでプレイしていた2017-18シーズンにはリーグ戦で18得点を記録しているが、エリア外からの得点は3点だけだった。56本もエリア外から打っていたことを考えると、こちらもやはり精度は高くない。

仮にバロテッリをプレイオフに召集すれば、そこでも変わることなく積極的にシュートを狙ってくれるだろう。だが、それがチームの利益になるかは分からない。優秀な選手であることは間違いないが、エゴが強すぎて扱いにくいストライカーでもある。バロテッリは過去にマンチェスター・シティでもバロテッリと長く付き合ってきたが、暴れん坊の教え子を代表へ呼ぶことはあるのか(数字は『WhoScored』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ