ライプツィヒの最後方に君臨する“スーパー守護神” グラーチが今季も見せる抜群の安定感

今季もライプツィヒで安定したパフォーマンスを披露するグラーチ photo/Getty Images

驚異的な反射神経でゴールを守る男

2021-22シーズン、ユリアン・ナーゲルスマン監督や主力の引き抜きも影響し、ここまでドイツ・ブンデスリーガで6位となっているRBライプツィヒ。ここ最近はようやく調子を取り戻してきた印象もあるが、今季の彼らはやや苦しいシーズンを過ごすこととなっている。

しかし、そんなチームのなかでも開幕から奮闘を見せているのがGKペテル・グラーチ(31)だ。クラブがまだ2部リーグに所属していた2015-16シーズンからライプツィヒのゴールマウスを守り続けている男は、今季も素晴らしい活躍を継続中。ここまでは新型コロナの影響で欠場した1試合を除き、リーグ戦全試合に出場して圧巻のパフォーマンスを披露している。

そして、今季のグラーチはそのスタッツも依然としてハイレベル。データサイト『FBref』によると、ここまでの同選手はセーブ率(75.0%:リーグ3位)をはじめとした数字が軒並みリーグ上位にランクインしており、GKのパフォーマンスを図る指標の一つである“PSxG+/-(シュート後失点期待値−実失点の数値)”もリーグ4位の「+3.5」を記録している。この“PSxG+/-”という指標は、放たれたシュートの難易度に対して、そのGKが実際に何失点したかの差を表すもの。端的に言えば、今回の場合は平均的なGKが同じクオリティのシュートに対応した際よりも、今季のグラーチが喫している失点数は3.5点少ないということだ。

現地時間23日に行われたブンデスリーガ第20節のヴォルフスブルク戦(◯2-0)においても、驚異的な反射神経を武器に好セーブを連発してチームの完封勝利に貢献したグラーチ。昨今のブンデスには多くの優秀なGKが集結しているが、そのなかでも彼は依然としてトップレベルをキープしている。先日は元ドイツ代表GKレネー・アードラー氏からも「欧州で最高のGKのひとり」との賛辞を送られたライプツィヒの絶対的守護神。これからもその圧倒的な反射神経を武器にチームの失点を減らすグラーチの活躍からは目が離せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ