武者修行か、それともミラン残留か チームの補強動向に左右される新鋭DFの未来

今冬レンタル移籍の可能性が浮上しているガッビアだが…… photo/Getty Images

どっちつかずの状況続く若手CB

今冬移籍市場にて、センターバックの補強が急務となっているのがACミランだ。現在の同クラブはデンマーク代表DFシモン・ケアーが膝の負傷で今季絶望となっており、同ポジションはやや不安な状況となっている。それだけに、冬のマーケットでロッソネリが一体どんな補強を敢行するのか気になっているファンは多いだろう。

しかし、ミランのCB補強は1月下旬を迎えてもなかなか先が見えてこない。候補には様々な選手が浮上しているのだが、加入が決定した選手はゼロ。それぞれ交渉に進展はあるようだが、代役不在のままマーケット終盤を迎えている。

そんなクラブの補強動向に振り回されることとなっているのが、22歳のDFマッテオ・ガッビア(22)だ。今冬は経験を積むため、カリアリやサレルニターナへと武者修行に向かう可能性が浮上している同選手。しかし、チームの補強動向が不透明となっていることによって、現在の彼はシーズン後半戦に自分がどこでプレイするのかわからない状態に陥っている。伊『calciomercato』によると、ここにきてミランは補強を行わない選択肢も視野に入れているようで、そうなればガッビアは残留となる可能性もあるとのこと。この決定が先延ばしとなっているのは彼自身の契約延長交渉も関係しているとのことだが、若きCBの未来はまだ定まっていない。

CB補強がスムーズに解決していれば、早めに武者修行へと出て自身のスキルアップに集中することもできたはずのガッビア。ミランで試合に出るのも良い経験だろうが、現時点におけるどっちつかずの状況には少し戸惑っている面もあるか。チームの強化だけでなく、この若者のためにもミランは早めに決断を下してほしいところだが、はたしてその未来はいかに。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ