スタメン11人合わせて僅か“1170万ユーロ”の大快進撃 川島永嗣所属クラブが起こすミラクル

4位まで順位を上げるストラスブール photo/Getty Images

気付けば順位は4位まで上がってきた

日本代表GK川島永嗣に出番がないのは残念だが、フランスのリーグ・アンではストラスブールの大快進撃が今も続いている。

ストラスブールはあくまで中堅クラブであり、昨季もリーグ戦を15位で終えている。今季の第一目標も残留にあったはずだが、それが今季は嬉しい異変が起きている。

何とストラスブールは現時点で4位まで順位を上げているのだ。ここまでくれば、目標を欧州カップ戦出場へ引き上げてもいいかもしれない。

20日にはクレルモンを2-0で粉砕したが、注目を集めているのはスタメン11人の低コストぶりだ。

ストラスブールには川島永嗣も控えている photo/Getty Images

川島永嗣もベンチから快進撃見守る

レンタルで加えている選手も数名入っているが、例えばスタメン出場したMFサニン・プルチッチは2019年にスペインのレバンテから100万ユーロで獲得。クレルモン戦でゴールを挙げた元フランス代表FWケヴィン・ガメイロは昨夏にフリーで補強。

他にもDFアントニー・カシ(フリー)、MFイブラヒマ・シソコは2018年にブレストから200万ユーロ、MFアドリアン・トマソン(フリー)、DFカロル・フィラは昨夏にポーランドのレヒア・グダニスクから150万ユーロで獲得するなど、とにかくコストが低い。何とクレルモン戦のスタメン全員合わせても1170万ユーロしか補強費がかかっていないのだ。

川島も同じフランスのFCメスを退団してからは無所属が続いていたGKで、2018年にストラスブールが契約を結んでいる。バックアッパーGKではあるものの、フリーで獲得できたことを考えれば貴重な戦力と言えよう。日本代表の守護神として3度ワールドカップを経験するなど中堅クラブのGKとしては十分な経験値も備えている。

果たしてこの快進撃はいつまで続くのか。直近10試合は6勝3分1敗と見事な成績となっており、2位ニースとも勝ち点差は僅か4点だ。15点差ついている首位パリ・サンジェルマンには届かないだろうが、ストラスブールのサポーターはこの快進撃を大いに楽しんでいることだろう。お金をかけたチームが成功しやすくなっている現代サッカーにおいて、ストラスブールのような中堅クラブの奮闘はもっと称賛されるべきものだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ