強豪マンUを破ったクラブにMF川辺駿が完全移籍で加入 ウルブズってどんなクラブ?

来季からウルブズでプレイする川辺 photo/Getty Images

デビューが楽しみだ

プレミアリーグに所属するウォルバーハンプトン・ワンダラーズFCが日本代表MF川辺駿の獲得を発表した。契約は3年半となっており、今季はシーズン終了後まで前所属のグラスホッパーにローン移籍する形となるようだ。

川辺は今夏の移籍市場でサンフレッチェ広島からスイスリーグへ渡った選手であり、半年でプレミア行きを決めている。ウルブズのテクニカルディレクターであるスコット・セラーズ氏はクラブの公式サイトにて「彼は攻撃的なMFで、非常にエネルギッシュで、クオリティの高い選手だ。今季はグラスホッパーで輝いており、クラブが好調なのは彼のおかげだ」と川辺の能力を高く評価している。

川辺が加わったウルブズは長年下のカテゴリーで戦っていたクラブであり、2016年の買収をきっかけに力を付けた。18-19シーズンにプレミアに復帰すると、昇格組ながら7位でのフィニッシュに成功する。昨季はディオゴ・ジョタの移籍、ラウール・ヒメネスの離脱と2大エースの不在が響き、13位と苦しめられたが、今季は監督がブルーノ・ラージとなったことで息を吹き返し、19試合消化時点で8位に付けている。19-20シーズンにはELに出場しており、今季の成績次第では川辺も欧州のコンペティションに参加できる。

基本的には[3-4-3]で試合に臨むことが多く、対強豪にはカウンターで、ボールを持てる試合では自分たちが主導権を握る2つの戦い方ができる器用なチームだ。

川辺が出場機会を得られるとすれば、ボランチとなるだろう。現時点ではジョアン・モウティーニョとルベン・ネベス、レアンデル・デンドンケルの3人でローテーションしており、彼らからポジションを奪う必要がある。しかし、前述したネベスは24歳と若く、マンチェスター・ユナイテッドのようなビッグクラブから狙われており、移籍の可能性を考えれば、早い段階で出場機会を得られるだろう。

首位マンチェスター・シティの13失点に続く14失点と守備力に定評のあるウルブズ。しかし、得点数は14点とプレミアでは下から2番目であり、攻撃の質がまだまだ足りていない。それでも、強豪として知られるマンUを1-0で下すなど、ジャイアントキリングを得意としており、川辺がウルブズでどんなプレイをするのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ