ベルギー3季目の前半戦は失敗に…… 大迫の後釜と期待されたストライカーはどこへ行く

鈴木としては苦しい前半戦となってしまった photo/Getty Images

リーグを変えるのか、それとも母国復帰か

今夏の移籍市場で海外に拠点を移した選手は軒並み成功している。セルティックの古橋亨梧やロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズの三笘薫、シュツットガルトの伊藤洋輝はチームで信頼を得ており、継続してピッチに立っている。三笘は日本代表でも活躍しており、今後に期待できる選手だ。

しかし、彼らと共に海外での活躍を期待されていたシント・トロイデンの鈴木優磨は21-22シーズンの前半戦は2ゴールに終わってしまった。

鹿島アントラーズで結果を残し、ベルギーへ渡った鈴木。昨季は17ゴールを挙げる活躍を見せ、森保一監督率いるフル代表での活躍も期待された。しかし、今夏の移籍市場では移籍を希望したが、自身の臨む移籍先から声はかからず、シーズンを出遅れてスタートしている。その影響か今季はなかなか調子が上がらず、昨季ほどの存在感を見せられていない。

そんな鈴木だが、再び移籍を目指すようだ。ベルギーメディア『Voetbal primeur』によれば既にチームに別れを告げたようで、今冬にチームを去ることはほぼ確定と見ていいだろう。

しかし、問題は移籍先だ。夏の移籍市場ではクラブ・ブルージュやアンデルレヒトから関心を寄せられていたが、現時点でその興味は失われてしまったようだ。可能性があるとすれば、夏にほぼ合意していたシャルケか、古巣である鹿島復帰だろう。

昨季はベルギーで大活躍し、代表では大迫勇也に代わる新たなストライカーとして期待されていた同選手だが、今ではすっかり序列が下がってしまった。代表では古橋がスコットランドで結果を残しており、彼が大迫の後を継ぐことになるだろう。25歳とまだ若い鈴木だが、今後の欧州でのキャリアを考えると、今冬での移籍先が重要となりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ