7年半でもう仏代表キャップ“102試合” まったく休まない鉄人FWに見えるNo.1の数字

フランス代表で活躍を続けるジルー(左)とグリーズマン(右) photo/Getty Images

得点&キャップ数で1位を狙える

2014年にデビューしてから約7年半。とんでもないペースで代表キャップ数を積み重ねているのがフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだ。

グリーズマンは2014年3月のオランダ戦で代表デビューを飾ったのだが、すでにキャップ数は102試合に達した。これはフランス代表歴代9番目の数字だ。

最大の特長は、休まないところにある。グリーズマンは今月のワールドカップ・欧州予選2試合にも先発しており、現在は59試合連続で代表戦に出場している。最後に出場しなかった代表戦は2017年6月に行われたイングランド代表とのテストマッチまで遡る。ちなみに、その時もベンチには入っていた。

グリーズマンがどれだけ休まない選手なのか。例えば同じフランス代表ではFWオリヴィエ・ジルーが歴代5位となる110試合に出場しているが、プレイタイムは合計6127分となっている。

一方で102試合出場のグリーズマンは7550分も出場している。ほとんどのゲームに先発していることが分かる数字だ。

グリーズマンはとにかく負傷が少なく、細身ながら鉄人だ。代表監督ディディエ・デシャンからも絶対の信頼を得ており、間違いなく来年のワールドカップ本大会でも主力になるだろう。

フランス代表の歴代最多出場記録を持っているのはDFリリアン・テュラム氏で142試合。テュラム氏も鉄人と呼べるプレイヤーだった。

グリーズマンは現在30歳だが、今の調子を考えるとEURO2024でもプレイできるだろう。テュラム氏の数字を狙うことは可能だ。

また、フランス代表歴代得点ランキングでは1位ティエリ ・アンリ氏(51点)、2位ジルー(46点)に迫る42点を挙げている。ジルーと競り合ってはいるものの、グリーズマンのペースならば代表歴代得点ランク1位にもなれるはず。

代表では102戦42得点29アシスト。運動量も多くて怪我も少ないとなれば、グリーズマンを外す理由は見つからない。キャップ数、得点数の両方で歴代No.1になる可能性もあり、休まない男がどこまで数字を伸ばすのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ