日本代表にピンチ到来 累積で出場できない守田英正に代わる選手とは

オマーン戦では柴崎岳がインサイドハーフに起用されるか photo/Getty Images

彼がヒーローとなるか

ワールドカップ・カタール大会に向けたアジア最終予選を戦っている日本代表。11日に行われたベトナム戦では1-0で勝利しており、勝ち点3を獲得している。2位オーストラリアとの差は1ポイントであり、次節オマーン戦もベトナム戦同様に白星を挙げたい。

しかし、チームの中心となり貢献した守田英正はオマーン戦出場停止になってしまった。ベトナム戦でイエローカードを提示された守田だが、この最終予選では2枚目であり、次節出場することができない。田中碧と共にチームの心臓のような選手だっただけに、この累積は大きく影響することになる。

そうなると次節は柴崎岳が代役という形になるか。原口元気をスタメンから起用する案もあるが、森保一監督の起用法から見ても序列的に柴崎が使われるだろう。

また、柴崎が以前起用されていた際は[4-5-1]のフォーメーションのダブルボランチだが、次節起用されるとすれば[4-3-3]のインサイドハーフになる。そうなれば必然的にバイタルエリアで前を向くことは多くなり、彼のラストパスやミドルシュートから好機を生み出せるだろう。実際にベトナム戦では後半途中から起用されると、正確なミドルシュートを放ってベトナムゴールを脅かしていた。

しかし、懸念点としてはボールロストの多さだろう。現状の中盤3枚は特にボールコントロール技術が高く、ロストが少ない。ベトナム戦でも危ない位置でのロストはほぼ見られておらず、中盤に安定感が生まれていた。インサイドハーフでのプレイであればアンカーの遠藤航が近い位置でプレイしており、ボールの逃げ場所は作れるだろう。

サウジアラビア戦ではまさかのミスから失点を献上してしまった柴崎。その後はスタメン落ちしており、現状では控えだ。それでも、オマーン戦ではスタメンから起用される可能性は高く、自身の活躍で日本代表を勝利に導くリベンジマッチとしてほしい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ