中盤に離脱者続出のリヴァプールに朗報 怪我人復帰でCLのGS突破決めるか

前回対戦では出場したファビーニョ photo/Getty Images

アトレティコ戦に挑む

リヴァプールはUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第4節でアトレティコ・マドリードと対戦する。中盤に怪我人が続出中のチームだが、チアゴ・アルカンタラとファビーニョがトレーニングに参加しているようで、今節の出場もあるかもしれない。

チアゴ、ファビーニョに加えてハーヴェイ・エリオットにジェイムズ・ミルナー、ブライトン戦で復帰するも再び負傷したナビ・ケイタなど、中盤には多くの負傷者を抱えている。昨季はCBの主力組が長期離脱となっており、昨シーズンを悪夢を思わせる状況だ。

そんな中でリヴァプールは、公式のSNSでチアゴとファビーニョがトレーニングに参加している様子を投稿。怪我から明けたばかりのため、スタメンでの出場は考えにくいが、中盤の強度を高めるために後半からの出場もあるのではないか。

ブライトン戦ではケイタの負傷後、ジョーダン・ヘンダーソンをアンカーにしてカーティス・ジョーンズとアレックス・オックスレイド・チェンバレンをインサイドハーフで起用。アトレティコ戦もこの布陣が予想されるものの、強度においてはブライトンにも劣っていた部分があり、状況次第では早期の交代もありそうだ。

アトレティコに勝利すれば4連勝でグループステージ突破が決まる重要な一戦。ユルゲン・クロップ監督がどのようなメンバーで挑むか注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ