柏が最後まで捕まえられなかった山中亮輔の攻撃参加 高精度クロスで古巣を撃破

左サイドで躍動した photo/Getty Images

今試合もスタメン出場した山中

怪我から復帰後、左SBで先発出場を続けている浦和レッズの山中亮輔。積極的なオーバーラップから高精度のキックを繰り出す男が浦和の攻撃を創出しているのだ。

5-1と大勝した今節の柏レイソル戦でもスタメンとなった山中。左サイドの攻撃参加から鋭く速いクロスボールを何度も蹴り込み得点機を作り出す。浦和の2点目のPK獲得シーンは山中のクロスを受けた柴戸海がキャスパー・ユンカーとのパス交換で抜け出してファウルを受けており、点目も山中のクロスのこぼれ球を拾った汰木のシュートだった。

前節のガンバ大阪戦でも何本も高精度のクロスを上げるものの、得点を生むことはできなかった。結果的にチームは勝てずに1-1とドローで終わってしまい勝ち点2を逃す形となった。

加えて今節対戦した柏は山中が下部組織で育ったクラブであり、思いも強い一戦だったことだろう。柏の守備陣が最後まで対応することができなかったオーバーラップによるクロスが、何本もチャンスへとつながった。彼の積極的な姿勢が生んだ決定機だったのだ。

彼が左SBに入ることで相手守備陣はワイドからもパスの出所をケアする必要があるため、非常に苦しむこととなる。残り数試合も上位との対戦が続く浦和だが、山中の攻撃をどのように活かせるか注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ