デパイとアグエロの併用はあるか 怪我人復帰のバルサで注目のFW起用法は

バレンシア戦でデビューしたアグエロ photo/Getty Images

バルセロナは24日、レアル・マドリードとのエル・クラシコを迎える。アトレティコ・マドリードに今季リーグ初黒星を喫するもバレンシアに勝利したバルサは、上位進出のために絶対に負けられない一戦となる。

そんな中で注目されるのが、今シーズンからバルセロナに加入したFW陣の共存だ。開幕から最前線で起点となっているメンフィス・デパイと怪我から復帰したセルヒオ・アグエロ。得点源として期待される両選手は、どのような起用法となるだろうか。

デパイとアグエロがバルサでともにプレイしたのは、バレンシア戦のわずか3分ほどだった。セルジーニョ・デストに代わって投入されるも、出場時間が短く印象を残すことはできていない。

今季は3トップを起用することが多いロナルド・クーマン監督。デパイが中央に入るパターンとルーク・デ・ヨングを中央に置き、、デパイが左ウイングに入るという形も試しており、L・デ・ヨングの位置にアグエロが入る可能性が高いだろう。

またデパイは3トップの中央で先発した試合で3得点を決めている。献身的な守備はもちろん2列目まで下がってボールを受け、運動量豊富にプレイできる。ウイングにはデストやアンス・ファティが復帰しているため、デパイを中央に配置することとなればアグエロはスーパーサブでの起用が中心となるだろうか。

アグエロにファティ、フィリペ・コウチーニョと選手が戻っており千両役者が揃ってきたバルサ。その中で迎えるエル・クラシコはどのような結末を迎えるのだろうか。デパイとアグエロの共存はあるのか起用法にも注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ