C・ロナウドVSネイマールVSメッシのラストバトル? 来年のW杯は意地懸けた名大会になる

ブラジル代表のエース・ネイマール photo/Getty Images

最後のW杯になる可能性が高い選手多く

先日、ブラジル代表FWネイマールが2022年のワールドカップ・カタール大会が自身にとって代表最後のメジャートーナメントになる可能性があると示唆した。

29歳であることを考えると、来年のワールドカップが最後になっても不思議はないだろう。

ネイマールとしては何としてもワールドカップのタイトルが欲しいはずだが、それを狙っているのはネイマールだけではない。このままいくと、来年のカタール大会は特別なワールドカップになる可能性が高い。

なぜならアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも来年が最後のワールドカップになると考えられているからだ。

C・ロナウドも来年がラストチャンスか photo/Getty Images

1つの時代に区切りがつく

3人ともワールドカップを制した経験はなく、そこだけが惜しいポイントだ。メッシとロナウドは今も代表の主力としてプレイを続けており、ほぼ確実に来年のワールドカップに参戦してくるはず。ラストチャンスとなる3人がカタールの地に集うのは実に興味深い展開だ。

他にはポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキも年齢的には次が最後となるはずで、黄金世代と呼ばれてきたベルギー代表も来年で一区切りだろう。

まだ出場できるか分からないが、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス&エディンソン・カバーニも最後か。クロアチア代表MFルカ・モドリッチも次がラストになる可能性が高く、ベルギーと同じくクロアチアも大幅な世代交代が求められることになるだろう。

来年の大会はラストチャンスに賭ける選手が多く集うことになりそうで、ここは1つの注目ポイントか。カタールの地でトロフィーを掲げるのはどこになるのか。名手たちの意地を懸けた戦いとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ