チェルシーとドイツ代表で違いすぎる? 快速FWはまだ“プレミア二桁得点”に届かない

チェルシーで奮闘するヴェルナー photo/Getty Images

まだチェルシーで本領発揮できていない

代表とクラブでパフォーマンスの質に違いが出るプレイヤーも珍しくないが、チェルシーはドイツが誇る快速アタッカーの能力を活かしきれていないのかもしれない。

昨夏ライプツィヒより加わったFWティモ・ヴェルナーだ。

ヴェルナーはチェルシーに加入してからちょうど60試合に出場しているが、得点数は14点。アシストが16もあるが、得点数の方は物足りない印象が強い。

プレミアリーグ通算得点数はまだ7点で、なかなか二桁に届かない。今季も7試合プレイしてサウサンプトン戦の1点のみだ。

一方でドイツ代表の方は47試合で21得点を記録。チェルシーに加入した昨夏から数えると、ドイツ代表の方では16試合で9得点も挙げているのだ。

もちろん現在戦っているワールドカップ欧州予選とプレミアリーグでは対戦相手のレベルも違ってくる。プレミアの方が難しいゲームは多いだろう。

それでも、チェルシーでの得点数に物足りなさがあるのは事実だ。何より2019-20シーズンはライプツィヒでリーグ戦28得点も奪っており、本来はプレミアでも得点王レースに参戦できるはずの選手なのだ。

今夏にはロメル・ルカクが加入し、前線の構成がまた変わった。ルカクとのコンビネーションで自身の得点も増える可能性があり、ヴェルナーが覚醒すればチェルシーの攻撃力は大幅にアップする。その時を待っているサポーターは多いだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ