ロナウジーニョからメッシ、次のNewスターは? 現バルサの攻撃力は21世紀ワーストクラスか

デパイは真のエースとなるのか photo/Getty Images

待たれるスターの登場

リオネル・メッシが去ったことが影響しているのは間違いないが、今のバルセロナは21世紀に入ってからクラブワーストに近い攻撃力となっているのではないか。

リーグ戦5試合を消化した段階では、バルセロナは8点しか奪えていなかった。スペイン『MARCA』によれば、2003-04シーズン以降ではワーストの滑り出しだ。6戦目となった今節のレバンテ戦は3得点を奪って勝利を収めたが、まだ攻撃面の不安が完全に払拭されたわけではない。

2003-04シーズン当時は開幕7試合で4点しか奪えず、最終的にはリーグ戦63得点でシーズンを終えている。順位は2位に入っているのだが、納得のいくシーズンではなかった。

状況が変わり始めたのは続く2004-05シーズンからで、夏にMFデコ、FWルドヴィク・ジュリ、サミュエル・エトーらが加入。10番を背負ったロナウジーニョを中心に攻撃を組み立て、リーグ制覇を果たした。

そこから徐々にメッシが頭角を現し、ロナウジーニョからメッシへ王様のバトンが引き継がれた。21世紀のバルセロナには常に攻撃を引っ張る強烈なスターがいたのだ。

しかし、メッシが去った今のチームにそうしたスターはいない。メンフィス・デパイは加えたものの、アントワーヌ・グリーズマンはアトレティコ・マドリードに戻ってしまった。攻撃力は大幅ダウンだ。

若いアンス・ファティが状況を変えるNewスターとなるのか。それとも今後外から優秀なアタッカーを引き抜くのか。

同メディアは記憶の中でも最も効果的ではない攻撃陣と批判しており、バルセロナには新たなる攻撃のスターが求められている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ