今季で契約の切れる実力者 マンCが狙うイタリアのレジスタとは

マルセロ・ブロゾビッチはマンCの一つの選択肢となるか photo/Getty Images

興味深い人材だ

今夏にメインターゲットであるハリー・ケインを逃したマンチェスター・シティ。今夏はフェラン・トーレスへの期待も大きく、アーセナル戦では2ゴールを決めるなどスタートダッシュに成功している。しかし、まだまだ指揮官を納得させられる内容ではなく、今季の結果次第では再びケイン獲得に動くようだ。

しかし、来季にはフェルナジーニョの退団や新しい左サイドバックの確保とストライカーと同等に確保したい戦力が多く、そこで英『Manchester Evening News』は今夏で契約の切れ、フリーで獲得できる選手としてバイエルン・ミュンヘンのレオン・ゴレツカ、ボルシアMGのデニス・ザカリアらを候補に挙げている。

その中でも特に興味深いのはインテルのMFマルセロ・ブロゾビッチか。28歳のクロアチア代表MFは豊富なスタミナ、視野の広さを生かした配球力を武器にインテルで中盤の底からチームを操るレジスタとして不動の地位を確立している。しかし、契約交渉が難航しており、現在もまとまっていない。このままでは2022年の夏に契約満了となり、フリーでの獲得が可能となる。ポジションやプレイスタイルを考えても、フェルナンジーニョの後釜に据えたい人物だ。

フェルナンジーニョは1年間の契約を延長したが、来夏での退団が既定路線とされており、ブロゾビッチをフリーで獲得できれば、財政面を考えても素晴らしい補強となるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ