五輪世代のエース・堂安律の人気急上昇 PSVで“主役”になる未来

東京五輪で輝く堂安 photo/Getty Images

今の活躍をクラブに繋げたい

本人の中では予定通りなのだろうか。東京五輪でU-24日本代表MF堂安律が主役になっている。

堂安はこの世代を引っ張り続けてきた日本のエースであり、すでにA代表の方でも主力だ。東京五輪でもスター候補の1人だったが、ここまでは文句のつけようもないパフォーマンスを見せてくれている。

気になるのは、この勢いをクラブに繋げられるかどうか。オランダ『Brabants Dagblad』は、堂安が所属元のPSVで重要な戦力になるのではないかと期待をかけている。

堂安は2020-21シーズンこそオランダの名門PSVで苦戦したが、昨季はレンタル移籍したドイツのアルミニア・ビーレフェルトで安定したパフォーマンスを披露。もう一度PSVでポジション奪取へチャレンジするのか注目されていた。

PSVはオランダ代表のコーディ・ガクポやイングランド世代別代表のノニ・マドゥエケなど優秀な若手アタッカーを揃えているが、東京五輪で見せている堂安のパフォーマンスならば十分にレギュラーへ名乗りを上げられるはずだ。

PSVで決定的な存在となり、ビッグクラブへ。これがオランダで描いていたシナリオのはずだが、新シーズンよりその流れに乗るのか。堂安の評価は急上昇している。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ