ハリルホジッチ前監督は今どこにいる “黄金期”迎えるW杯のダークホース候補

日本代表も指揮したハリルホジッチ監督 photo/Getty Images

やはりアフリカのチームが合っている?

超攻撃型ウイングバックとして注目を集め、今夏にパリ・サンジェルマンへ移籍したアクラフ・ハキミ、アヤックスで結果を残し、昨夏にチェルシーへ移籍したMFハキム・ツィエクなどを擁し、今密かに注目されているチームがある。

2018年のワールドカップ・ロシア大会にも出場したアフリカのモロッコ代表だ。

ハキミとツィエクはその中心メンバーであり、そして現在モロッコを指揮しているのがヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督なのだ。

ハキミやツィエクだけではない。センターバックではウォルバーハンプトンでプレイするロマン・サイス、ハキミと同じ攻撃的サイドバックのノゼア・マズラウィ(アヤックス)、中盤にはフィオレンティーナ所属のソフィアン・アムラバト、フランクフルトMFアイメン・バルコク、本田圭佑とミランでプレイしたテクニシャンのアデル・ターラブト(ベンフィカ)。

前線にはセビージャで得点能力が開花したユセフ・エン・ネシリ、バルセロナのアカデミー出身者である現セビージャのムニル・エル・ハダディなど欧州で活躍するタレントが揃っている。

ハリルホジッチ体制がスタートしたのは2019年8月からで、ここまでは14試合で8勝5分1敗と結果が出ている。ハリルホジッチといえば2014年のワールドカップにてアルジェリア代表をベスト16へ導いたことが話題を呼んだが、モロッコも同じアフリカのチームだ。来年のワールドカップでアルジェリアの再現を狙っていることだろう。

タレントも揃い、モロッコ代表は黄金期を迎えようとしている。過去に1986年のワールドカップでベスト16に入ったことがあるが、まだワールドカップでは2勝しかしたことがない。ワールドカップではほとんど実績がないチームと言うことができ、来年のワールドカップでベスト16へ導けばハリルホジッチの評価は再び上昇するはずだ。注目のダークホース候補の1つと言っていいだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ