プレミアに33ゴール男が襲来 若きブレントフォードに注意せよ

プレミアでも暴れることはできるか photo/Getty Images

注目したいクラブだ

昨季は昇格プレイオフでスウォンジーを撃破し、クラブ史上初のプレミア行きを決めたブレントフォード。現状では開幕まで時間があるが、1部で戦うための戦力を揃えており、先日、ミッティランからナイジェリア代表MFフランク・オニェカ、セルティックからノルウェー代表DFクリストフェル・アイエルを獲得しており、準備万端だ。

やはり注目はFWのイヴァン・トニーか。25歳のストライカーは昨季チーム得点王となる33ゴールを決めており、昇格に貢献している。一昨季も実質3部のリーグ1でも24ゴールを奪っており、乗りに乗っている点取り屋だ。PKでの技術も高く、昨季は9本中9本沈めており、ブレントフォード相手にボックス内での安易なファウルは命取りだ。

そんなトニーはゴール前での評価が高いが、カウンター時の起点作りも非常にうまい。ブレントフォードは前線に2枚フォワードを置くことが多く、カウンター時にはトニーが降りてボールを受けるシーンが散見されるが、彼は敵を引き付けてからスルーパスを出す技術に長けている。21-22シーズンでもプレミアの守備陣はトニーに手を焼くことになりそうだ。更に来季結果を出せば、同じくブレントフォードからアストン・ヴィラへ移籍したオリー・ワトキンスのように代表選出されてもおかしくないだろう。

また、トニー以外にも優秀な選手は揃っており、9ゴールを挙げた元リヴァプールのセルジ・カノス(24)や8ゴールを挙げたブライアン・ムベウモ(22)、同じく8ゴールのフィンランド代表マルクス・フォルス(22)と若く優秀な選手が多く在籍している。

昇格組では選手が揃っているノリッジ・シティが注目されているが、ブレントフォードも侮れない存在なのかも知れない。ここ数年はウルブズやリーズが昇格組ながら健闘しており、来季はブレントフォードが台風の目となるのか(データは『sofa score』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ