ルカク、インシーニェら計36ゴールの大暴れ EUROで1番輝いた“セリエA勢”

インシーニェは代表でも主役に photo/Getty Images

大会の主役に

イタリア代表が決勝まで進んだのもそうだが、EURO2020ではセリエAでプレイする選手たちが主役になっている。

準決勝が終了した段階で、セリエAでプレイする選手が奪った得点数は最多の36点。5得点で得点ランク首位に立つポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)、ベルギー代表を引っ張ったFWロメル・ルカク(インテル)、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)も得意の左サイドから2得点を挙げている。

他にはデンマーク代表でブレイクする20歳のFWミッケル・ダムスゴーもサンプドリアでプレイしているアタッカーで、準決勝のイングランド戦では強烈なフリーキックを叩き込んでみせた。チームメイトのDFヨアキム・メーレもアタランタでプレイするセリエA組だ。

インテル所属のルカクもEUROで活躍 photo/Getty Images

新シーズンもセリエAは楽しみ

セリエAに次いで多くの得点を挙げているのはプレミアリーグ勢で29点、ブンデスリーガ勢で28点だが、少し寂しいのはリーガ・エスパニョーラ勢が9点に留まっていることだ。

ルイス・スアレスやリオネル・メッシが欧州の選手ではないことも関係しているだろうが、期待されたスペイン代表FWジェラール・モレノ(ビジャレアル)が無得点で大会を去るなど消化不良なところもあった。

セリエAは2020-21シーズンもミラン、インテル、ユヴェントス、アタランタなど多くのクラブが上位を争うなど競争が激しく、ハイパフォーマンスを継続しているクラブが目立っていた。その影響もあり、良い状態でEURO2020を迎えた選手が多かったのだろう。新シーズンも注目を集めていくはずで、欧州5大リーグの中でも1、2を争う面白さになっていると言っても大袈裟ではないだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ