もう“サムライブルーの香川真司”は見られないのか W杯からの3年で変わった状況

日本代表の10番を背負ってきた香川 photo/Getty Images

年齢的には来年のW杯を目指せる

2018年のワールドカップ・ロシア大会での活躍から3年。MF香川真司の状況は大きく変わった。

2019年1月にトルコのベシクタシュへ移籍すると、半年後にはスペイン2部のレアル・サラゴサへ。しかしコンディションが整わない時期もあり、スペイン2部では31試合に出場して4得点の成績に留まった。

理想のルートとしてはサラゴサを1部へ導き、リーガ・エスパニョーラの環境で才能を発揮したいところだった。残念ながらそれは叶わず、昨年10月にはサラゴサとの契約を解消。今年1月からは心機一転ギリシャのPAOKテッサロニキに向かったが、そこでも8試合で無得点に終わってしまった。

ワールドカップからの3年間は明らかに影が薄くなり、欧州でも目立った成績を残せていない。日本代表の前線では南野拓実、鎌田大地、堂安律、久保建英ら若手が続々と進出し、来年のワールドカップ・カタール大会へ足場を固めつつある。

近年はベテランプレイヤーの活躍も目立っており、32歳の香川もまだトップレベルで戦える年齢だ。スピードは落ちたかもしれないが、テクニックやプレイビジョンに大きな衰えはないはず。

タイプは異なるが、35歳でもクロアチア代表の中軸を担うルカ・モドリッチのような選手もいる。クラブの方でアピール出来れば再びの代表入りも見えるはずで、新シーズンこそはギリシャで結果がほしい。

新型コロナウイルスの影響もあったが、最後に出場した代表戦は2019年3月のボリビア戦まで遡ることになる。代表キャップ数は97試合、奪った得点の数は31。100試合出場まで残り3試合だが、カタール大会までにアピールの機会は訪れるのか。サムライブルーのシャツに身を包む香川をもう一度見たいと考えているファンも多いはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ