ロンドンで世界に衝撃を与えた永井のスピード 東京五輪で“Jのスプリント王”の爆発に期待

前田のスピードがどこまで通用するか photo/Getty Images

前田大然のゴールに期待

22日に開幕する東京オリンピックでU-24日本代表は、初戦で南アフリカ代表と対戦する。そのメンバーで注目が集まったのが、3名のみとなったFW陣だ。本来は上田綺世と前田大然のみだったが、選手枠の増加によりサポートメンバーとして招集されていた林大地が選出されている。

その中で大きく期待したいのが前田だ。昨夏にポルトガルのマリティモから横浜F・マリノスへと加入したスピードスターは、今季得点数でも大きな結果を残している。今シーズン19試合に出場して10得点と、すでにJ1でのキャリアハイを更新。得点力でも成長を続ける前田のプレイで特に目を見張るのが、スプリント回数だ。

Jリーグの公式記録によると今季のスプリント回数ランキングトップ10のうち、8つが前田が記録したもの。1位のセレッソ大阪戦では「62回」を達成するなど驚愕のスピードを誇っている。

そんな前田に期待がかかるのが、2012年のロンドンオリンピックで永井謙佑が見せたようなインパクトだろう。初戦では強烈なプレッシングからボールを奪取した永井に翻弄され、イニゴ・マルティネスがレッドカードをもらい、日本代表はスペイン代表に勝利。第2戦のモロッコ代表戦でも永井のスピードからゴールを奪って連勝を果たすなど、彼の速さは世界に衝撃を与えた。

そんな永井のようなインパクトを前田にも期待したい。国内で他の追随を見せないスプリント力を誇るストライカーが、今大会の顔となる可能性も十分にあるだろう。オーバーエイジを含め、今大会の日本は強固な守備陣を形成している。そこに前田のスピードで得点を決めることができれば、メダル獲得にも近づけるだろう。“Jのスプリント王”がスピードで世界に衝撃を与えることになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ