積極的な姿勢からチャンスを創出 追加点をアシストした汰木康也に求められる課題

積極的なドリブルが持ち味だ(写真は2019年) photo/Getty Images

明本のゴールをアシストした汰木

浦和レッズは明治安田生命J1リーグでアビスパ福岡と対戦し、2-0で勝利した。この試合で2点目をアシストした汰木康也は持ち前のドリブルを活かして積極的な姿勢を見せた。

この試合はサブからのスタートとなった汰木。65分に大久保智明との交代でピッチに投入された汰木は、得意のドリブルとカットインでチャンスをつくり、チームの攻撃を活性化させる。

鋭いキックも持ち合わせる汰木は、CKのキッカーも務める。76分のCKではニアにボールを蹴り込むと走り込んだ明本考浩がゴールを決めてアシストを記録。チームの勝利につながる1点を演出した。

以前までの汰木はカウンター時などスピードを上げて攻撃を仕掛ける展開でも、SBの上がりを待つためにスピードダウンしてしまうことが多かった。そのため持ち味のドリブルからのシュートはあまり見られなかった。ただ柏レイソル戦でも積極的な飛び出しから、興梠慎三とのコンビネーションでチャンスをつくるなど、最近は前線へと顔を出すシーンも増えており、汰木がチャンスに絡むことが非常に多くなっている印象だ。

この試合でも自らのドリブルでゴールチャンスをつくり出すシーンも見られた。課題はシュートを決めきる力だろう。攻撃の形は作るもそれに伴ったゴール数とはいえず、彼の実力であればさらに多くのゴールを決められるはずだ。後半戦に向けて結果を残してチームに貢献する汰木の姿に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ