粘り強さでもぎ取った勝ち点1 鹿島の精神力が勝った97分の同点弾

同点弾を決めたファン・アラーノ(写真は昨季) photo/Getty Images

仙台と1-1のドローに終わる

鹿島アントラーズは明治安田生命J1リーグでベガルタ仙台と対戦。1点を先制される展開となったが、ラストプレイで同点に追いつき1-1で終了した。鹿島が常勝軍団としての意地を見せた一戦だった。

試合は63分、仙台に先制点を決められる。90分を過ぎロスタイム5分が表示されるものの得点を決めることができず。そんな中で90+7分にCKからのこぼれ球を右サイドからファン・アラーノがゴールネットを揺らして同点に追いついた。

前節は首位・川崎フロンターレに終了間際の失点で敗戦。サガン鳥栖にも敗れ、ここ3試合で1勝2敗と好調だったチームは上位陣に止められた。ただ代表期間中にルヴァンカップではプライムステージに進出。天皇杯は2回戦でYSCCに8ゴールを奪って快勝した。

そんな中で勢いを維持したかった一戦だったが、なかなかゴールを決められない。さらに1点ビハインドとなる展開となったが、常勝軍団の強さを発揮し、チームの“粘り強さ”を見せた鹿島は最後に勝ち点1をもぎ取った。

この強さは“ジーコ・スピリッツ”による粘り強さも出ているだろう。鹿島はいつの時代も苦しい終盤にゴールを決めてチームの好調を維持してきた。ブラジル人仕込みの勝利への執念が生んだゴールだった。ファン・アラーノの得点もチームとしての基盤が与えたゴールだったといえる。“常勝軍団”の復活へ。相馬直樹監督とともに優勝を狙うチームが自らの精神力を武器に勝ち点を拾っていく。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ