欧州制覇も出場機会少なく…… チェルシーのサイドアタッカーはイタリア挑戦も?

ツィエクの動向に注目が集まる photo/Getty Images

アヤックスから加入したツィエク

今シーズン、アヤックスからチェルシーへと移籍したハキム・ツィエク。監督交代が行われたチーム状況の中でプレミアリーグ23試合2ゴールに終わった。UEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たしたチームの中で、ツィエクは満足いく結果とはいえなかった。

ツィエクは来季もチェルシーで活躍できるだろうか。トーマス・トゥヘル監督が開幕から指揮を執る最初のシーズンとなるが、今季活躍したメンバーは地盤となるだろう。昨季はスタメン出場は15試合に終わっており、来季もサブからのスタートが予想される。

そんな出場機会に悩むモロッコ代表アタッカーだが、状況打破のためには他クラブへ移籍するのも1つの手ではないだろうか。イタリアのクラブから関心を示されており、セリエAへ挑戦する可能性も挙がっている。

英紙『Daily Mail』ではナポリが獲得を狙っていると報道。イタリアメディア『Sky Sport』ではミランが関心を示すような報道が出ており、イタリア方面が注視しているようだ。今オフでの移籍もあるかもしれない。

来季のナポリはルチアーノ・スパレッティ監督が新たに就任する。足下の技術の高さとスピードに乗ったドリブルに、運動量豊富なツィエクの加入は、攻撃にアクセントを加える存在となるだろう。またアヤックス時代は、CLでユヴェントス撃破にも貢献。自慢の攻撃力をイタリアのピッチで発揮したい。オランダで7年連続二桁アシストを記録したアタッカーがイタリアで再起を図るかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ