狙い続けた“インシーニェ・ゾーン” 開幕戦圧勝に大きく貢献した左ウィンガー

チームの3ゴール目を奪ったインシーニェ photo/Getty Images

得意な角度から3点目のゴールを奪う

UEFA EURO2020のグループA開幕戦が行われ、イタリア代表はトルコ代表と対戦。3-0で勝利した。開幕戦で3ゴール目を決めたのは、ナンバー10を背負うロレンツォ・インシーニェだった。得意のゾーンを狙い続けたことが79分に身を結んだ。

インシーニェは前半から積極的に得点を狙っていた。18分には左サイドからドメニコ・ベラルディとのワンツーで抜け出す。そのまま左斜め45度と得意のコースでシュートを放つも枠の右に外れてしまう。

その後もインシーニェが左サイドからボールを持って攻撃のリズムをつくる。すると79分、相手GKのパスミスをイタリアが拾うと、中央を経由しながら、左サイドのインシーニェへ通す。インシーニェは、またも得意の形から得点を狙うと、今度はゴールネット右隅を揺らしてチームの3点目となるゴールをゲットした。

ゴール後すぐに途中交代となったインシーニェだが、81分間のプレイで高いパフォーマンスを披露。左サイドを制圧して何度もチャンスをつくった。イタリアがスコアでここまで圧倒できたのは、インシーニェによる攻撃の仕掛けによるところが大きいだろう。攻撃的なスタイルへと舵を切るイタリアで、インシーニェのスピードと得意の角度からの正確なシュートは、チームの大きな武器となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ