攻撃の形が見えてこないセレッソ大阪 原川復帰で踏みとどまれるか

戦列復帰となった原川 photo/Getty Images

逆転負けを喫したセレッソ

今季から再び指揮官にレヴィー・クルピを招聘したセレッソ大阪。4位で終わった昨季の順位を超えたい今季だが、4月の第10節浦和レッズ戦以来勝利がなく、23日に行われたサンフレッチェ広島戦では逆転負けを喫してしまった。

この試合は前節のヴィッセル神戸戦に続いて前線に加藤陸次樹を置く[4-2-3-1]の形に。ここまで2得点を決めており、短い時間で確実に結果を出してきた加藤だが、この日はツイてなかったようだ。押し込んだ際もパスコースを消されており、動き出しも少なくゲームから消えてしまっていた。カウンターの場面では1人で前線まで運び、シュートまでもっていったが、相手GKの正面。後半には豊川雄太との交代でベンチに下がることになった。

1点ビハインドで豊川と戦列復帰を果たした原川力を投入したセレッソ。原川の投入で各駅停車であったパス回しが改善され、前線が活性化されていた。それでも、広島のボックス内に人数を掛けた守備に苦戦し、ファイナルサードではクロスを挙げるしかない状態に。バイタルエリアで持った原川が前線に選手がいるにも関わらず、パスコースがないのが今の状態を物語っていると言える。後半ということもあり、足が止まっていたためスペースを生み出すフリーランが欲しいところだ。

このまま点が取れず、逆転負けを喫したセレッソ大阪。原川の復帰がポジティブなニュースと言えるが、ここが踏ん張り時なのだろう。次節は好調の鹿島アントラーズとの対戦となっており、5戦勝ちなしは避けて欲しい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ