“急がば回れ”の精神で掴んだバイエルン行き ウパメカノの成功の陰に両親あり

ライプツィヒで一気に飛躍を遂げたウパメカノ photo/Getty Images

少年時代にもビッグクラブ行きの誘いが

今夏の移籍市場にて、バイエルン・ミュンヘンへ移籍することがすでに決定しているRBライプツィヒのDFダヨ・ウパメカノ(22)。22歳でバイエルン行きを掴んだそのキャリアは、現時点でかなり順調と言えるだろう。

そんなウパメカノだが、彼の成功はあえて少し遠回りをしたからこそ掴めたものだったか。少年時代からビッグクラブに注目される存在だった同選手。英『Daily Mirror』によると、彼には10代半ばの頃からマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘンからのオファーが届いていたという。

だが、この男は強豪の誘いに応じることなく、ザルツブルクやライプツィヒでしっかりと経験を積むことを選択した。結果的には、この選択が吉と出たと言っていいだろう。ウパメカノが若くしてこの決断を下したのは立派だが、その陰には説得してくれる家族の存在もあったようだ。

「当時の僕はまだ若く、すぐにでも彼らと契約したがったんだ。マンチェスター・ユナイテッドとね。でも、両親からは『慎重に考えたほうがいい』と言われたんだ。本当に長い時間考えたね。それで、最終的には“etape par etape(段階的に進める)”の精神こそ僕には最良だと気づいたのさ。加入当初にラルフ(・ラングニック)が言っていたことも全て実現したし、本当によかったよ」(英『The Athletic』より)

ビッグクラブの下部組織出身選手が、その先トップチームで主力に定着する可能性は高くない。そういった事情も含めてか、ウパメカノの両親は彼自身に考えるチャンスを与えたのだという。

今や“世界最高級の若手センターバック”と呼ばれるまでの存在に成長したウパメカノ。だが、その成功の陰に家族の的確なアドバイスがあった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ