86分でも尽きないスタミナと積極性 杉岡大暉がスタメン奪取へ鹿島で猛アピール

鹿島は2-0で名古屋に勝利した(写真はイメージ) photo/Getty Images

今季4試合目の出場となった杉岡

明治安田生命J1リーグの第21節が行われ、鹿島アントラーズが名古屋グランパスに2-0で勝利した。この試合で貴重な追加点を奪ったのは、今季4試合目の出場となった杉岡大暉。この得点が自身の鹿島移籍後初ゴールとなった。

試合は1点を先制して迎えた86分、松村優太がペナルティエリア手前でボールを左へ渡す。パスを受けた永木亮太が荒木遼太郎へ縦に送ると、荒木は杉岡が後方から走っていることを確認し、ヒールでその杉岡にパスを出す。杉岡はワントラップで左足に持ち替えると、そのままシュートを打ってゴールネットを揺らし、試合終了間際に勝利を決定づける2点目を決めた。

この試合でスタメン出場を果たした杉岡。90分間走り続けた中で、終盤になってもオーバーラップを絶やさず、積極的に前へと飛び出した。その勢いを持って前へと上がれる積極性と、尽きないスタミナが移籍後初得点へとつながっていく。鹿島移籍後は出場機会に恵まれず、今季もここまで4試合出場と苦しいシーズンを送っているが、本人にとってうれしい初ゴールとなっただろう。

またDFとしても素晴らしい結果を残した。Jリーグの公式記録によると、この試合で名古屋に打たれたシュートはなんと「0」。一度もシュートを打たれずに勝利したのだ。今季は無失点記録を樹立するなど、堅守の名古屋に対して、相手のお株を奪うかのような守備の堅さで完封。杉岡は得点だけではなく、守備でもチームに大きく貢献した。

今季はU-24日本代表へのメンバー入りも見据えた大事なシーズンだ。杉岡も当然候補の1人であり、そのポジションを狙っている。そのために、今回の鹿島での活躍は大きなアピールになるだろう。今後も試合出場を重ねてレギュラーの座をつかみ取りたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ