ジョルジーニョのパスミスはなぜ起きた? 決勝点を呼び込むアーセナルの巧みなプレッシング

スミス・ロウが決勝点を決める photo/Getty Images

スミス・ロウの得点でアーセナルが勝利

プレミアリーグ第36節が12日に行われ、チェルシーの本拠地に乗り込んだアーセナルが1-0で勝利した。アーセナルは前半に決めたエミール・スミス・ロウのゴールを最後まで守りきってリーグ戦3連勝を飾る。

試合は16分、チェルシーが最終ラインでボールを回すとジョルジーニョがゴールへまさかのパスミス。ケパ・アリサバラガが必死に掻き出すも、ピエール・エメリク・オバメヤンがすぐさまボールを拾う。中央に入ったスミス・ロウへパスを送ると、ゴール右隅に流し込み先制点を奪った。

なぜジョルジーニョはパスミスを犯してしまったのか? それはアーセナルの選手たちによる前線からのプレッシャーが大きかった。クルト・ズマがジョルジーニョへボールを渡した瞬間にスミス・ロウはトップスピードでプレスをかけに行った。またオバメヤンも横の選手へのパスコースを消していた。そのため、ジョルジーニョは即座にGKへ戻すという判断を迫られる。

この日ゴールマウスを守っていたケパも、プレスを回避しようとゴールから離れたポジショニングをしていた。しかし即座にGKへ戻さなければいけなくなったジョルジーニョは、ケパの位置を確認できずにパスを出す。結果的にミスになり、決勝点へとつながっていった。

UEFAチャンピオンズリーグ出場権確保のためには勝利が欲しかったチェルシーだったが、まさかのミスによって勝ち点を取りこぼしてしまった。しかし、そのミスにもアーセナルの選手たちの巧みなプレッシングによって引き起こされてしまったのだ。この敗戦により4位に後退となったチェルシー。今回のミスと敗戦から立ち直り、残り試合でCL出場権を得ることができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ