バルサのリーガ逆転優勝のキーマン? 新システムで躍動するフランスの貴公子

1アシストを記録したグリーズマン photo/Getty Images

新システム採用後5ゴールを決める

今季終盤戦を迎えるリーガ・エスパニョーラは四つ巴の大混戦となっている。グラナダに痛恨の敗戦を喫し、首位浮上のチャンスを逃したバルセロナ。しかし、新システムによって躍動するアントワーヌ・グリーズマンが逆転優勝へのキーマンになるうる存在だ。

第33節でグラナダと対戦したバルセロナは、前半に1点を先制するも、後半に2ゴールを決められて逆転負けを喫する。その中で先制点を奪ったリオネル・メッシのゴールは、グリーズマンの高い技術が目立ったシーンだった。

先制弾は24分、ペナルティエリア手前でメッシのパスを受け取ったグリーズマンは華麗なターンでマークを振り切る。左に回り込んでいたメッシへ再び足元へとパスを送ると、メッシはファーポスト付近へシュートを放ちゴールを決めた。この先制点ではグリーズマンの機転がそのままアシストに繋がっている。技術力の高いターンに加え、メッシとのコンビネーションがゴールへと直結させた。

最近のバルセロナは3バックの新システムを採用し、グリーズマンはトップ下で起用されている。最前線ではなく1つ下でプレイすることにより、攻撃の起点となるプレイや本来のテクニックが非常に活きている。その結果得点も増えており、新システムに変更後、5ゴールを挙げている。グラナダ戦では新システムで初となるアシストを記録。今後も増えていくようになれば、首位の座も見えてくるだろう。

またバルセロナは首位のアトレティコ・マドリードと直接対決が残されており、残り試合にすべて勝てば、レアル・マドリードの結果次第では十分に可能性がある。前回対戦では敗れているだけに勝ち点3が必須となるだろう。次戦のバレンシア戦も含めてグリーズマンがゴールやアシストなど数字で結果を残すことで、バルサの優勝への道が開かれるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ